ムキムキ筋肉男子

ドリアン・イェーツのトレーニングメニューと食事!経歴や大会成績も!

今回ご紹介するのは、イギリスの元プロボディビルダーであり、アメリカ最高峰のボディビル大会「ミスター・オリンピア」を何と怒涛の6連覇という輝かしい実績を持つドリアン・イェーツさんです。

1997年に引退し、現在はフィットネスジムやサプリメント会社を運営するなど、今もなおフィットネス業界で活躍している彼が、現役時代どういったトレーニングや食事をしていたかをプロフィールや経歴と共に見ていきましょう。

アミノさん
アミノさん
ドリアン・イェーツさんと言えば、やっぱり「歴史を変えた」と言われるぐらいのバルクを誇った背中が印象的だなあ。
きんに君
きんに君
うん、そうだね、僕もそう思うよ。
良い意味で本当に漫画のキャラクターみたいで、常人離れしてるよね!

ドリアン・イェーツのプロフィール

名前:ドリアン・イェーツ
本名:ドリアン・アンドリュー・ミエンチェス・イェーツ
年齢:57歳
身長:179cm
体重:141kg(オフシーズン)120kg(オンシーズン)
出身:イギリス・ウォーリックシャー州
家族構成:両親
チャンネル登録者数:1億人(インスタグラム)

ドリアン・イェーツの経歴

・トレーニング歴:38年
・少年院にいた19歳の時に筋トレに出会い、21歳から本格的に開始
・22歳の時に、
 初めてのコンテスト「Mr. Birmingham novice」に参加し、初優勝
・26歳の時に出場したイギリスの全国大会「British Championships」で
 優勝したことで、プロカードを獲得
・29歳で「ミスター・オリンピア」に初出場し、2位を獲得
 以降、同大会を6連覇
・35歳の時、ケガの影響で引退
・現在はフィットネスジム「Temple Gym」、
 サプリメント会社「DY Nutrition」を立ち上げるなど、
 フィットネス業界で活躍している
アミノさん
アミノさん
えっ、ドリアンさんが筋トレに出会ったのは少年院の中だったの?一見真面目そうな人だからビックリしたよ!
きんに君
きんに君
ははははは、そうかそうか。実はドリアンさんは10代の頃かなりのワルで、地元のギャングに入ってたんだよ。少年院に入ったのも、暴動に加担したからだって言われてるし。

大会成績

1984:「Mr. Birmingham novice」優勝
1986:「British Championships, Heavyweight」優勝
1988:「British Championships」優勝
1991:「Night of Champions」優勝
1991:「English Grand Prix」優勝
1992:「Mr olympia」優勝
1992:「English Grand Prix」優勝
1993:「Mr olympia」優勝
1994:「Mr olympia」優勝
1994:「Spanish Grand Prix」優勝
1994:「German Grand Prix」優勝
1994:「English Grand Prix」優勝
1995:「Mr olympia」優勝
1996:「Mr olympia」優勝
1996:「Spanish Grand Prix」優勝
1996:「German Grand Prix」優勝
1996:「English Grand Prix」優勝
1997:「Mr olympia」優勝
アミノさん
アミノさん
うわ~!ミスター・オリンピアの6連覇以外にも、いろんなコンテストで優勝しまくってるんだね!凄いなあ!
きんに君
きんに君
うん、そうだね。しかも、彼は筋トレに出会うまでそういうものには全く興味が無かったらしいから、ある意味、この戦績は彼の才能と元ヤンチャ坊主ならではの負けず嫌いの気持ちが合わさった結果だと思うよ。

ドリアン・イェーツの筋トレ方法

つづいてドリアン・イェーツさんの筋トレ方法について。実際にどのようなメニューの筋トレ方法を行っているのか見ていきましょう。

現役時代のドリアン・イェーツさんのトレーニングにおける特徴は、鍛える部位に関係なく「HIIT」という高強度インターバルトレーニングを行っていたということです。

これは、「少ない数のセット数で高重量のウエイトを使用する」というもので、短時間ながら筋肉の狙った部位に的確な刺激を入れられるというのがメリットなんですよ。

このことを踏まえながら、彼の部位別トレーニングメニューを見てみると・・・

筋トレメニュー①腕(上腕二頭筋・三頭筋)

筋トレ方法①腕(上腕二頭筋・三頭筋)
・インクラインダンベルカール:2セット8~10回
・イージーバーベルカール  :2セット6~10回
・トライセッププッシュダウン
      1セット目:15回(ウォーミングアップ)
      2セット目:12回
      3セット目:8~10回
・ケーブル・プレスダウン
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・スカルクラッシャー
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :6~8回(メインセット)
アミノさん
アミノさん
へえ。HIITを採用してやってるから確かにセット数は少ないけど、 ウォーミングアップとメインセットでしっかりと分けてるんだね。
きんに君
きんに君
うん、そうだよ。それにセット数が少ない分、HIITの特徴のひとつの「1回1回の動作を大事にしながら高重量で確実に追い込む」っていうことができるから、おそらくそれを第一に考えてるんだと思うな。

筋トレメニュー②胸(大胸筋)

筋トレ方法②胸
・インクラインベンチプレス
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット : 8~10回(メインセット)
・マシンチェストプレス
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット  :8~10回(メインセット)
・デクラインベンチプレス
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・インクラインダンベルフライ
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・フラットダンベルフライ
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・ケーブルクロスオーバー
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
アミノさん
アミノさん
ベンチプレスにしてもダンベルフライにしても、大胸筋上部・中部・下部とまんべんなく鍛えてるんだね。だからあれだけバランス良く発達した大胸筋をしてるのか!
きんに君
きんに君
うん、そうだよ。やっぱり大胸筋に限らずどの部位であってもまんべんなく鍛えないと形が変になるし、しっかりと発達しないからね。それを判っているからこそのやり方だと思うよ。

筋トレメニュー③背中

筋トレ方法③背中
・ダンベルプルオーバー
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・フロントラットプルダウン
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・リバースグリップ・ラットプルダウン
      1セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・ワンアームダンベルロウ
      1セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・シーテッドロウ
      1セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メイン セット)
・デッドリフト
      1セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メイン セット)
・ハイパーエクステンション
      1セット :8~10回(メインセット)
アミノさん
アミノさん
背中はドリアンさんの象徴とも言えるパーツだから、やっぱり他のパーツと比べて種目数が多いね。
きんに君
きんに君
そうだね。これも大胸筋と同じく背中の上部・中部・下部とバランス良くやってるし、種目数が多い分だけ追い込みの度合いも半端じゃないと思うよ

筋トレメニュー③脚

筋トレ方法④脚
・レッグエクステンション
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・レッグプレス
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・ハックスクワット
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・シーテッドレッグカール
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・スティッフレッグドデッドリフト
      1セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
・シーテッドカーフレイズ
      2セット :10~12回(ウォーミングアップ)
      1セット :8~10回(メインセット)
アミノさん
アミノさん
セット数や回数は他の部位と変わらないけど、背中と同じくらいに種目数が多いね。脚も背中同様、特に追い込んでトレーニングしてる部位なのかな。
きんに君
きんに君
う~ん。それはちょっと判らないけど、種目数が多いっていうことはやっぱりそれだけハードに追い込んでるってことだから、彼の中では背中と同じくらい大事な部位なのかもしれないね。

ドリアン・イェーツの食事方法を紹介

ここではドリアン・イェーツさんの食事方法について見ていきましょう。


ドリアン・イェーツさんは現役時代、1日6~7回の食事をしていたほか、メニューに関してはたんぱく質・緑色野菜、複合糖質(良い炭水化物)を取ることを心掛けていたそうです。

このことを踏まえながら、現役時代の彼の食事メニューを見てみると・・・

①オートミール・卵の白身10個・プロテインパウダー
②ホエイプロテイン
③トレーニング後のプロテインドリンク
④鶏胸肉(2枚)ジャガイモ(ご飯の時もあり)、
 緑色の野菜(ブロッコリー、ほうれん草など)
⑤ホエイプロテイン
⑥ステーキ、ジャガイモ(またはご飯)、緑色の野菜
⑦オートミール、卵の白身10個、プロテインパウダー
アミノさん
アミノさん
あっ、卵の白身を10個飲むっていうのは確か、映画「ロッキー」の中でスタローンさんもやってたよね。ひょっとするとそのシーンに影響を受けたのかな?
きんに君
きんに君
うん…その可能性は否定できないね。でも本来、欧米で卵を生のまま食べるっていうことは衛生面を考えるとまず無いことだから、いくら身体を作るためとはいえ勇気が必要だったと思うよ。それを考えたら、さすがプロだよね!

まとめ

プロボディビルダーとして、アメリカ最高峰のボディビル大会「ミスター・オリンピア」を6連覇という偉業を成し遂げ、「歴史を変えた」と言われるほど巨大なバルク(筋肉量)の背中を誇ったドリアン・イェーツさん。

背中を含め、その圧倒的な肉体を作り上げるには、当時最先端だったと思われる「HIIT」を採用したトレーニング法と、たんぱく質・緑色野菜、良質な炭水化物を含んだ1日6~7回の食事が欠かせなかったことが判りました。

現在は、自身が経営するフィットネスジム「Temple Gym」で後進の指導を行っているドリアンさんですが、今もなおあなたの肉体に憧れて日々筋トレに励んでいる方は世界中に大勢いらっしゃるので、これからもそういった方々の目標とする存在でいて下さいね!